生きづらいを生きやすいに変える

久しぶりの更新です。

引き続き、精神障害や心理の勉強を続けながら、表現との結びつけ方を探しています。

 

女の子を助けたい!と思っていましたが、

今はより広く、生きづらさを感じている人を対象にヒントを届けたいと考えるようになっています。

 

生きづらいは生きやすくなる。

生きやすい時間が増えると楽しい。

 

そんなの分かってるって?

でもその方法は?生きづらいを消して生きやすくする方法は?分かってる人がどのくらいいるでしょうか。

 

ある調査では「自分なりのストレス発散方法がありますか?」という問いに、多くの人が「特に無い」と答えていました。

 

思考に偏りがなく、現実を正しく受け止め対応できる人ばかりならいいのですが、

以前の私のように思考に大きな歪みがあり、その歪みが自分の標準設定、治すことすら考えていなければ現実を捻じ曲げて捉え続けストレスに対応しきれません。

これが積もるとうつの破壊的感情の元になります。

 

標準設定を変えなければ生きづらいが続くんです。

でも変われば幾らか生きやすくなります。

 

そのための方法を集めています。

 

インプット量もアウトプット量も理想には及んでおらず、1日24時間じゃ足りないんですけど!と焦っていましたが 笑、1日24時間もあるって考えようと前向きなことを近くの人が言ってたので私も同じように考えて頑張ることにしました。

 

まだまだ知らないことだらけで悔しい!

でも悔しいうちは頑張れますね(*´ω`*)

 

ここの場所は個人的な日記としてまだ続けますので、ぼちぼち見守っていてください*