十分面倒を見てもらいたければ、自分で自分の面倒を見よ

If you would be well served, serve yourself.

 

という英語の教訓があるようで。

ちょうど書きたかったことと重なって共感したので和訳をタイトルにしました。

 

 ーーー

 

うまく進まず立ち止まったり悩んだとき

誰かの許可や

たくさんの人の統計で

自分を選びたくなります。

 

 

「これでいいんでしょうか?」

 

そりゃ誰でも成功ばかりがいい。

失敗はしたくない。

打てば必ずホームラン!最低でもヒット!

 

打率10割

 

なんて、

前人未到(((。。)

 

 

そもそも人の経験や文脈は違うので

 

「こうした方がいいですよ」

「多くの人がこうしていますよ」

 

なんて理論や模範解答を受け取ってもピッタリの成功法ではないし

腑に落ちなければその通りに動けない。

それ当たり前、仕方がないなー、です。

 

それなのに

「〜すべき」「〜しなければならない」「普通は〜」

等の言葉に包囲されて身動きがとれなくなってしまっては

自分が可哀想です。

 

寂しく惨めな気持ちにとらわれないで!逃げて逃げて!

 

 

 

じゃあどうしたらいいかって、

自分に時間を使ったらいいんですね。

 

「自分のことしか考えてない」

「わがまま」

「視野が狭い」

「ノリが悪い」

「普通と違う」

(↑最近ぜんぶ言われました笑 )

 

このようにすぐにはポジティブに受け止められない言葉を貰うかもしれません。

そう言われたうえ失敗して「ほら見ろ」と言われるかもしれない。

その損は受け入れる。

でもそう言われ続けたら新たな方法で大成功するかもしれません。

そのためには必要な言葉だったりします。

(こころ弱いうちきっついけどな!図星だからな笑)

 

 

とにかく自分のこころに従うことです。 

それだけ!

超主観でOK。

自分の意見を持つ。

「わかりません」も一つの意見。

 

そして、

もちろん他人に強要したり押し付けないこと。

 

 

そうすると、周りに何と思われても結果が出なくても

「楽しい」が手に入ります。まじ笑

「ウケる」って思います。

 

 

 超主観でOK。ちゃんと優しさも思いやりも無くならないので。

 

「自分を大切にできない人は他人を大切にできない」

とはよく言ったもんですね。

今年ようやっと腑に落ちました。同意。

身を持って感じています。

 

 

ーーー 

 

「これでいいんでしょうか?」

 

不安になって確認したくなるのも当たり前ですけれど、

 

・誰の許可を取ろうとしているのでしょうか。

・誰の許可があれば安心するのでしょうか。

・誰の否定があればやめられるのでしょうか。

・誰かや何かによって安全が保証されるのでしょうか。

・その保証が適応外の事故や損失があった場合、腹を立てずにいられるでしょうか。

・他人を責め自分を責め続けるような生き方をしたいのでしょうか。

 (そして他人にも責め続けられる。)

 

 

 

やだーーー。

 \

  

 

 

 

 

じゃあ自分が自分に許可を出す。

 

大丈夫、ちゃんと損する

大丈夫、ちゃんと得もする*

 

 

 

 

 

☆最後に、大好きな詩です。

茨木のり子:自分の感受性ぐらい

 

 

 

 

 

「自分の感受性くらい、自分で守れ ばかものよ」

 

 

 

はーーーい (○ゝω・)ゞラジャ