自分なりの責任を考える

人との距離を測るのに

私はいくつかのステップを試すことがあります。

 

 

ステップ1、ステップ2、ステップ3

またステップ1。

 

 

そのステップをおこなうことは

対人関係における私なりの相手への責任です。

 

ーーーー

心の恥部を晒すと理解が深まる、ということがあると思います。

(恥部って言い方変だけど。。)

 

恥ずかしいと思う隠し事や人には理解されないと思うところ。

 

その部分は、大切にしたい人や好きに思う人には晒して良いと思うのです。

私は晒したいと思うんです。

距離が近い人ほど隠すことが難しくなるから晒してしまいたい、

そしてそれを理解してもらいたいと思います。

 

小さな頃仲良し友達とだけの秘密の共有ってありましたよね。

そういう感覚の大人バージョン。

 

 

けれども、 

大人になってからの秘密は単なる事象ではなく、

個人の思考や感覚が尖ったマイノリティ、

無情で腹黒いものがあったりもします。

 

それはやっぱり受け入れられ難いもので、

晒した先に拒否されたり反発されたり

場合によっては知らないところで罵られたりします。

 

そんなときは失敗したな〜、と

辞めておけばよかったな〜と思います。

その後悔レベルも様々。

 

 

それでも尚トライ&エラーを続けられるとき、

そのエンジン

(イコール)

一緒にいて楽しい、元気になる、尊敬できる

とかいうベースにある気持ちです。

 

失敗し、反省し、落胆し、

「懲りた」とき、

 

その失敗を引き受け糧にして、次は失敗を取り戻そうと考えるのか

 

「懲りた」とき、

 

その失敗を引き受けるだけにして、次のチャレンジは辞めようと考えるのか。

 

 

ガッカリするばかりでなく、

自分のエンジンがかかる相手かどうか

嘘なく判断する必要があると思います。

 

主語はあくまで「自分が」。

 

楽しくなくなる

元気がなくなる

 

「自分が」そういう気分になるような

距離を置いたほうがいい人、手放したほうがいい人もいます。

 

距離を置いたほうがいい時、手放したほうがいい話題、みたいに

時間や内容のほうを限定させることもあっていいと思います。

 

 

 

いずれにしても

その失敗は

きちんと引き受けなければと思うのです。

 

引き受ける、といってもオオゴトでなくて

(もちろん他人の責任まで負いません(・▽・))

 

ただ自分は

1、相手を責めない。

2、自分を責めない。

3、ほっとく(置いておく)

で終わり。

 

あとは時の流れに任せるだけ。

 

 

そうやって「嫌われたくない」や「世の正論」「誰かの意見」ではなく

自分自身の軸で

 

「進展の“トライ”」なのか、

「事なかれの“ステイ”」なのか、

選ぶ。

 

自分で考えて試して晒して失敗して引き受けて。

成功したらその人との安全領域が広がってとっても幸せ〜*(*´ω`*)

 

そうやって私なりに周囲との責任を果たしていきたいです。

 

ーーー

なんとなく、新しく迎える展開が控えていて

 

必要なものの瞬間的判断や引き算が一層大切になってくる気がしているので

ここ最近の自意識をより明確にするため文章化しました。

 

 

ーーー

私なりの責任をもってステップをおこなうこと。

その中には

トライorステイの選択と

失敗の引き受けがあること。

 

 

 

あ 大事な大前提がありました。

そもそも関わりを持つ以上

・「損してもいい」覚悟

・「私が傷つけ苦痛を与えることもある」自覚

を持つことです。

 

それが無いとステップを踏む壇上までも進みません。

責任の持てないときは「関わらない」「遠く距離をおく」。

 

 


責任、どう考えますか?