十分面倒を見てもらいたければ、自分で自分の面倒を見よ

If you would be well served, serve yourself.

 

という英語の教訓があるようで。

ちょうど書きたかったことと重なって共感したので和訳をタイトルにしました。

 

 ーーー

 

うまく進まず立ち止まったり悩んだとき

誰かの許可や

たくさんの人の統計で

自分を選びたくなります。

 

 

「これでいいんでしょうか?」

 

そりゃ誰でも成功ばかりがいい。

失敗はしたくない。

打てば必ずホームラン!最低でもヒット!

 

打率10割

 

なんて、

前人未到(((。。)

 

 

そもそも人の経験や文脈は違うので

 

「こうした方がいいですよ」

「多くの人がこうしていますよ」

 

なんて理論や模範解答を受け取ってもピッタリの成功法ではないし

腑に落ちなければその通りに動けない。

それ当たり前、仕方がないなー、です。

 

それなのに

「〜すべき」「〜しなければならない」「普通は〜」

等の言葉に包囲されて身動きがとれなくなってしまっては

自分が可哀想です。

 

寂しく惨めな気持ちにとらわれないで!逃げて逃げて!

 

 

 

じゃあどうしたらいいかって、

自分に時間を使ったらいいんですね。

 

「自分のことしか考えてない」

「わがまま」

「視野が狭い」

「ノリが悪い」

「普通と違う」

(↑最近ぜんぶ言われました笑 )

 

このようにすぐにはポジティブに受け止められない言葉を貰うかもしれません。

そう言われたうえ失敗して「ほら見ろ」と言われるかもしれない。

その損は受け入れる。

でもそう言われ続けたら新たな方法で大成功するかもしれません。

そのためには必要な言葉だったりします。

(こころ弱いうちきっついけどな!図星だからな笑)

 

 

とにかく自分のこころに従うことです。 

それだけ!

超主観でOK。

自分の意見を持つ。

「わかりません」も一つの意見。

 

そして、

もちろん他人に強要したり押し付けないこと。

 

 

そうすると、周りに何と思われても結果が出なくても

「楽しい」が手に入ります。まじ笑

「ウケる」って思います。

 

 

 超主観でOK。ちゃんと優しさも思いやりも無くならないので。

 

「自分を大切にできない人は他人を大切にできない」

とはよく言ったもんですね。

今年ようやっと腑に落ちました。同意。

身を持って感じています。

 

 

ーーー 

 

「これでいいんでしょうか?」

 

不安になって確認したくなるのも当たり前ですけれど、

 

・誰の許可を取ろうとしているのでしょうか。

・誰の許可があれば安心するのでしょうか。

・誰の否定があればやめられるのでしょうか。

・誰かや何かによって安全が保証されるのでしょうか。

・その保証が適応外の事故や損失があった場合、腹を立てずにいられるでしょうか。

・他人を責め自分を責め続けるような生き方をしたいのでしょうか。

 (そして他人にも責め続けられる。)

 

 

 

やだーーー。

 \

  

 

 

 

 

じゃあ自分が自分に許可を出す。

 

大丈夫、ちゃんと損する

大丈夫、ちゃんと得もする*

 

 

 

 

 

☆最後に、大好きな詩です。

茨木のり子:自分の感受性ぐらい

 

 

 

 

 

「自分の感受性くらい、自分で守れ ばかものよ」

 

 

 

はーーーい (○ゝω・)ゞラジャ

 

 

 

自分なりの責任を考える

人との距離を測るのに

私はいくつかのステップを試すことがあります。

 

 

ステップ1、ステップ2、ステップ3

またステップ1。

 

 

そのステップをおこなうことは

対人関係における私なりの相手への責任です。

 

ーーーー

心の恥部を晒すと理解が深まる、ということがあると思います。

(恥部って言い方変だけど。。)

 

恥ずかしいと思う隠し事や人には理解されないと思うところ。

 

その部分は、大切にしたい人や好きに思う人には晒して良いと思うのです。

私は晒したいと思うんです。

距離が近い人ほど隠すことが難しくなるから晒してしまいたい、

そしてそれを理解してもらいたいと思います。

 

小さな頃仲良し友達とだけの秘密の共有ってありましたよね。

そういう感覚の大人バージョン。

 

 

けれども、 

大人になってからの秘密は単なる事象ではなく、

個人の思考や感覚が尖ったマイノリティ、

無情で腹黒いものがあったりもします。

 

それはやっぱり受け入れられ難いもので、

晒した先に拒否されたり反発されたり

場合によっては知らないところで罵られたりします。

 

そんなときは失敗したな〜、と

辞めておけばよかったな〜と思います。

その後悔レベルも様々。

 

 

それでも尚トライ&エラーを続けられるとき、

そのエンジン

(イコール)

一緒にいて楽しい、元気になる、尊敬できる

とかいうベースにある気持ちです。

 

失敗し、反省し、落胆し、

「懲りた」とき、

 

その失敗を引き受け糧にして、次は失敗を取り戻そうと考えるのか

 

「懲りた」とき、

 

その失敗を引き受けるだけにして、次のチャレンジは辞めようと考えるのか。

 

 

ガッカリするばかりでなく、

自分のエンジンがかかる相手かどうか

嘘なく判断する必要があると思います。

 

主語はあくまで「自分が」。

 

楽しくなくなる

元気がなくなる

 

「自分が」そういう気分になるような

距離を置いたほうがいい人、手放したほうがいい人もいます。

 

距離を置いたほうがいい時、手放したほうがいい話題、みたいに

時間や内容のほうを限定させることもあっていいと思います。

 

 

 

いずれにしても

その失敗は

きちんと引き受けなければと思うのです。

 

引き受ける、といってもオオゴトでなくて

(もちろん他人の責任まで負いません(・▽・))

 

ただ自分は

1、相手を責めない。

2、自分を責めない。

3、ほっとく(置いておく)

で終わり。

 

あとは時の流れに任せるだけ。

 

 

そうやって「嫌われたくない」や「世の正論」「誰かの意見」ではなく

自分自身の軸で

 

「進展の“トライ”」なのか、

「事なかれの“ステイ”」なのか、

選ぶ。

 

自分で考えて試して晒して失敗して引き受けて。

成功したらその人との安全領域が広がってとっても幸せ〜*(*´ω`*)

 

そうやって私なりに周囲との責任を果たしていきたいです。

 

ーーー

なんとなく、新しく迎える展開が控えていて

 

必要なものの瞬間的判断や引き算が一層大切になってくる気がしているので

ここ最近の自意識をより明確にするため文章化しました。

 

 

ーーー

私なりの責任をもってステップをおこなうこと。

その中には

トライorステイの選択と

失敗の引き受けがあること。

 

 

 

あ 大事な大前提がありました。

そもそも関わりを持つ以上

・「損してもいい」覚悟

・「私が傷つけ苦痛を与えることもある」自覚

を持つことです。

 

それが無いとステップを踏む壇上までも進みません。

責任の持てないときは「関わらない」「遠く距離をおく」。

 

 


責任、どう考えますか?


 

 

ついついの当たり前はしょうがないな

いつも落ち着いて話せたらいいのに、と思います。

 

ついつい、喋りすぎてしまう。

ついつい、言わなくてもいいことまで言ってしまう。

ついつい、ぜんぶ伝えたいと思ってしまう。

 

事前に構築して臨むプレゼンなら上手いんですけど

会話になると苦手です。

 

これまでの仕事でもそうだし、

今の仕事でもそう。

結果として出て来たデザインの

過程や思いを全部言いたくなってしまいます。

 

分かって欲しい。

選んで欲しい。

 

だから説明に説明を重ねてしまうんですね。

そしてズブズブズブ……ぬかに釘。

 

プレゼン落ち。

 

「あなたの考えは響きませんでした」

「あなたは間違いです」

「ダメです」

「わかってないね」

と、勝手に突っぱねられたような気になります。

「勝手に」ね。

 

そういうものです。

一生懸命だったほど、思いが強かったほど、悲しいんです。

なんともないこともありますけど

それはどうでもいいときで、、。

 

でも仕方がないんですよねー。

 

だって私も、

みんながネコ可愛いって言ってても可愛いって思わんかったり

綺麗なお姉さんがいるところの化粧品1個も持ってなかったり

君の名は。観てもチョイウルくらいやったり

 

大多数が選んでるもの選んでません。

大多数が共感するもの共感してません。

 

いくらそれが良いとされるものでも、です。

 

そういうものです。

どんだけ一生懸命つくられたものだろうと、

みんなの好きの思いが強かろうと、個人的には違うんです。

 

理由は、

しょーがないやんなんか違うんやもん。

しょーがないやん私はこっちのほうがいいんやもん。

だけ!

 

だから、

結論、

しょうがないな。笑

 

自覚できるときは調整するけれども

そもそも空気を読んだところでハズレもあるなら

 

交わらん当たり前と当たり前でしょうがないな〜

ついつい一生懸命なるのしょうがないな〜

ついつい手を抜くのしょうがないな〜

ついつい悲しいのしょうがないな〜

ついつい同じことしてもしょうがないな〜

 

ついついこうなるのよね〜

私の当たり前だからしょうがないな〜

これもそれもあれもあの人も

しょうがないな〜

(´▽`)

 

「世界で一番バカな旅人」

「世界で一番バカな旅人」というお話があります。

 

といっても、本当にある昔話や絵本ではなくて、

フルーツバスケット」という漫画の中にでてくる

漫画のキャラクターが話す物語。

ドラマの中のドラマ、みたいな感じです!

 

f:id:fffuuu:20161207030327j:plain

 

f:id:fffuuu:20161207030526j:plain

(去年から今年にかけて発売された愛蔵版♡このお話は2巻にあります。)

 

 

内容は、

  • バカな旅人が旅をしています。
  • 旅の道中、困っている老人や子供のためにどんどんお金や身につけている物を手放し、
    旅人はとうとう裸になってしまいます。
  • 旅人は嘘にも気づかず、涙を流しながら「お幸せに、お幸せに」と自分の物を提供します。
  • 町を裸で歩くのはさすがに恥ずかしくなって、旅人は森の中を歩くようになります。
  • 今度は森の魔物が旅人に声をかけて助けを求めます。
  • 旅人は自分の手、足、体を魔物に与え、とうとう頭だけになってしまいます。
  • 最後に魔物は、貰った両目を食べながら
    「ありがとう、お礼にこれをあげるよ」と1枚の紙切れを旅人に渡します。
  • そこには「バカ」と書かれていましたが、目の無い旅人は文字を読むこともなく、
    「ありがとう、初めて贈り物をもらったよ。幸せだ。嬉しい。」と言ってポロポロと泣いて死んでしまいます。

 

↓検索すると引用してるブログが見つかります。その中のひとつ張ります

http://s.ameblo.jp/kotori0420/entry-11755493037.html

 

 初めて読んだ当時小学生?か中学生だったんですけど

その時から変わらず

これを読むと悲しくなるのと一緒に

羨ましくもなります。

 

 

バカの才能。

純粋の才能。

 

そういった才能は持って生まれたものだから無くならないんです。

 

生まれつきのバカは「しっかりする」ということを

処世術として後天的に身につけ鍛えてきただけ。

 

「それじゃだめだぞ」「騙されるぞ」「利用されるぞ」「危険だぞ」

「困るぞ」「生きていけないぞ」「変だと思われるぞ」と

世の中の人に教えられたから頑張った。

 

「しっかりした大人になりなさい」。

 

自分にとっての幸せはそうじゃないかもしれないのに、

みんなと同じ安全を幸せにするために

我慢するようになった。

隠すようになった。

 

本当は損とか苦労とか、考えていない。

考えられない人。

理路整然力を羨むだけムダな人。

 

そういう人は放っておいても大丈夫、ちゃんと損するから。

それから、ちゃんとバカをバカにしない人がいて、

バカを助けたい人が助けてくれるんです。

 

※ここで何度も言ってるバカは犯罪を犯すようなバカではなく、一点集中の心や純粋という意味でのバカです。念押しです。

 

ただ歳を重ねるほどバカでいることって本当に難しい。

経験や努力で肉厚の「しっかり」を身につけてしまうとその皮を剥がせない。

 

自分を捻じ曲げていたり、

しっかりした自分が本物なんだと思い込んでいると、

なんでかイライラする。ザワザワもやもやする。

それでも尚ちゃんとしようとすると、むしろ迷惑をかけたりします。

 

 

「〇〇しちゃいけない、って人に教えられたから」

「〇〇しちゃ危ない、大変なことになるって知ってるから」

という教えられた価値観が本物に蓋をします。

自分の教科書が、それは不正解だ!とバツをつけたがります。

 

 

自分が出来ないことを出来る人への羨ましさだったりもするのです。

羨ましいな〜、いいな〜、だったりする。

 

「〇〇を平気でするあいつがムカつく。」

 →「私がしちゃいけないと思い込んでる〇〇を平気でするあいつはいいな〜。」

 

 

本音は何でしょうか。

とても言えたものじゃない情けないものなのかもしれないと思います。

「わかってくれなくて寂しい」「大切に思われていない気がして悲しい」

 

気がついていないだけ。

 

欲しがらなくても既に持っていて、枠を取り外せないだけだと気がついていない。

または、根本的な性質が違っていて、いくら欲しがっても手に入らないことに気がついていない。

 

私にとっての現実と周りにとっての現実を同じにしてはいけないな。

当たり前のことだけど忘れがち。

私は私、あなたはあなた。

それでも分かり合いたいと思うから

寂しくて楽しくて愛おしいのですね。

 

 

以上、

時折思い出す「世界で一番バカな旅人」の話を紹介しました。

全然まとまらなかった。。長^^;

 

 

今回これを思い出したきっかけは

最近将来を考えるとき、他の人を見てみると

人によって幸せは違うのだなぁと思って。

幸せ=沢山のお金、贅沢な時間、誰もが羨む名誉、手堅い長期安定、笑えること、大切な人といること…

色々あって。

そのなかで自分は何が幸せかな〜とか、

幸せになれるかな〜なりたいな〜とかって

考えるけれど、

幸せイコールやりたいことや欲しいものが実現することとは限らなくて。

 

幸せ=何か ではなくて、その人が「素」であることだったり

注目するのは幸せな在り方のほうなんだなと気がつきました。

 

幸せな”気分”でいられる自分の在り方を追求していきたいです。

 

友達がM-1グランプリを受けてた

高校の先生なんですよ。

学生時代の後輩で、今は友達。

 

最高に面白い話でした!

元気の収穫!

 

しかも一次通ったって。

次で落ちちゃったらしいんですけど。

 

 

その子は将来にワクワクしてて、

私もワクワクしました(*´ω`*)

 

今の生徒を卒業するまで見たら

辞めて一般企業に勤めるみたい。

先日、第一希望の会社に受かったと報告がありました。

 

「お笑いはノリで受けてみました!面白そうだったんで!

先生は一番やりたかったことで今幸せなんですけど

でもまだ沢山やりたいことがあるんです!

だから合間で資格取ってました

今は高卒で就職する子には面接指導、進学の子には小論指導、

自分の専門じゃない部活も教えてるし色々楽しいですねー」

 

なんでもやりたいことに挑戦する姿勢は

学生のときから変わらなくて、

もうずっとこの人はこうなんだろうな、って楽しい。

 

私も負けないって思った話でした*

 

考えることは好きだけど苦手

f:id:fffuuu:20161120213725j:plain

 

4冊目が終わります。

 

本を読んで共感した所を抜き出したり

その感想を書いたり

日々の発見や

日記を書いたり…

考えてることをとにかく外にだすノート。

 

去年の10月からで4冊だからそんなに早いペースでは無いけれど。

このほかにも絵的なものの為のクロッキー帳があったりします。笑

言葉にもならないぐちゃぐちゃしたもの用!

 

そうやって沢山考えてるんですけど、

もっとちゃんと考えろー

って思われたり言われたり、

勝手にそう思い込んだりします。

 

考えてるんだよーっていう証拠を見せたんじゃなくて、、

 

こんだけ考えてもコレなんです、私、考えてもグルグルしちゃう人なんです

周りが言う「ちゃんと」が分からない

脳みそちっちゃい

という、恥ずかしい告白でした( ̄∨ ̄)

 

そして、言葉にするのが本当に苦手なんです。言えない、んです。

言えないのと考えて無いのは違うんです。

そして言葉と考えが違うのもしょっちゅうです_(┐「ε:)_

言うことが変わったり忘れていたり。

ご迷惑おかけします_(┐「ε:)_

 

考えるのは好きだけど、表現が難しいと感じるし、表現しても反省とセットになるから苦手です。

 

LINEでも文章が長くなるのは言語表現を頑張った結果なんです。笑

頭と差異なく言おうとして

言ったら言ったで、言いたいことを削れない(. . ;)

 

 

と、こんだけ卑下しといてなんですが

 

それでもいい、これが私です ( ´ ▽ ` )ノどーん

 

 

他力本願

「他力本願は、自分には何も無いというジレンマの裏返し」

という言葉をメモしたことがあって、ずっと頭に残っています。

 

引用元はどこか忘れました!

 

他力本願。

他人任せ?

 

 

他力本願の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書

  • 自分の力でなく、他人の力によって望みをかなえようとすること。▽「本願」は仏が修行しているときに立てた誓い。本来は阿弥陀如来あみだにょらいの本願によって極楽往生ごくらくおうじょうを得ること。

 

そう、それだ。

本当は望みがあるんです。

 

自分に自信がないから、その望みに蓋をしてしまうんだ。

で、その望みを叶えるのが怖いから

 

他人の力を借りまくって、

蓋をしたままの自分を肯定できる証拠集めして、

でもやっぱり開けようか、閉めようかって悩んで、

結局最終的には

自分が望んでることをやらないと気が済まないんですね。笑

 

他人の力を借りまくって←これを読んでくれている方々。

いつもありがとうございます。。

 

 

あーすっきりした。

だから、できることなら望みに気づいたら蓋しないで

過去の経験、恐怖、噂、情報、

気にしないで

望み通り動くのが、結果失敗だったとしても

自分にとってはそれでOKなんだと思いました。

 

怖いけど。怖い怖い怖いけど。

やだー、またあんな思いするのやだー。

それでも・・・

 

動くの?まじ・・・

 

誰か背中おして・・・←これ。

承認のハンコおして・・・

 

新規飛び込みばかりの営業職も、

怒鳴られまくった事務職も、

もうぜったいやりたくない。

二度と。

 

でも楽しくなるかもって自分で望んでやった経験です。

動きまくって、やっぱ違った、

で辞めた。

で、ステージアップ!

なんですね。

 

 

ただ、罠があって、

それを始めたら、一度それを選んだら、

「途中で辞めてはいけない」という呪いが私にはあって

やっぱ違ったで辞めた。になるまでが長い。

 

なので

まだ分からない望みはほっといて、

分かってる望みのほうを叶えよー!

あー会社やめてもいいかな

さて勉強しよー!